オンプレミス版の場合
DICOMファイルをインポートすることで、簡単にデータ移行できます。
方法は2つあります。

  1. PACS Managerのインポート機能を使用する
  2. Webビューアのリスト画面のインポート機能を使用する
    ファイル数やファイルの総容量が多い場合はPACS Managerを使用することをおすすめします。

詳しくは、取扱説明書をご覧ください。ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

クラウド版の場合
1. Webビューアのリスト画面のインポート機能を使用する
2. 検査装置や他のPACSからDICOM Storageで、Cloud Connectorを経由してインポートする。
ファイル数やファイルの総容量が多い場合はCloud Connectorを使用することをおすすめします。

詳しくは、取扱説明書をご覧ください。ご不明点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。